結婚式の曲

TOP

プロフィール

結婚式の選曲人プロフィール

中年の入り口にさしかかった既婚者。自分、同年代、後輩、同僚、いろんな人の結婚式に出席し、スピーチもしてきました。そんな経験を活かします。

人生最大のイベントのひとつ、結婚式を華麗に彩り、盛り上げる曲の数々。自分たちの好きなアーティストの曲や思わず涙がこぼれる感動の曲を流すことでより素晴らしい結婚式になることは間違いありません。

結婚式の曲

Sponsored Link

結婚式の曲の選び方

結婚式の曲を選ぶ時、こんな点に注意して選曲しましょう。

キーワード

  • 別れの曲、不倫の曲を選ばない。
  • 場面場面に応じた曲を選曲し、メリハリをつける。
  • メッセージ性の強すぎる曲を選ばない。主役はあくまで新郎新婦です。

キーワード

また、洋楽か邦楽かを迷うことも多いと思いますが、邦楽の場合、歌詞が耳につきますので、雰囲気重視なら洋楽を選ぶべきでしょう。その際、洋楽の曲の意味が別れの曲でないかは要チェックです。

特に新郎新婦入場の際には、印象が強く期待を抱かせる雰囲気の曲を選ぶと雰囲気がぐっと盛り上がり、結婚式がぐっとしまります。

さらに、退場の際は、二人の門出が希望に満ちたものであるようなイメージ、明るい未来を想像させる雰囲気の曲を選ぶと良いでしょう。

選曲の際は、好きなアーティストが同じとか、二人が出会った頃によく聞いていた曲など自分達にゆかりのある曲があれば、それも考慮に入れるといいでしょう。ただし、日本語の歌詞が入っている場合は、スピーチや祝電披露の時に流すと話す内容と被ってしまい、聞き取りにくくなるので要注意です。

新郎新婦でいい曲を選べない場合も含めて、披露宴会場にはたいてい、結婚式の曲を選んでくれる専門家がいますので、必ずプロに相談するようにしましょう。

専門家に相談するのは、式場にどのようなメディアで曲を持ち込むのかということの確認の意味もあります。CDなのか、MDなのか、あるいはファイルやテープなのか…。また、できれば事前に準備した曲を実際に結婚式場の設備で再生させてもらい、問題なく曲が流れるかも確認しましょう。特に自分で焼き付けたCDだと、場合によっては相性の問題でうまく再生できないことがありますので、本番当日に慌てることがないよう、準備は万全にしたいところです。


Templete Produced By 『超時空戦略タイムシフトアフィリエイト』



Sponsored Link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。